高度なオプション

ホーム

空から見たヌメア

‪無人航空機のカメラから捕らえたヌメアの町を眺めよう!

ヌメアの陸と海、発見がいっぱい!

ビーチ、緑の空間、海、マングローブ、自然が好きな人々なら、ヌメアの町が織りなす風景の多様性に魅入り、感激するだろう。

  • 大プロジェクト:‪ヌメア周辺地区の開発、ヌメア中心街の開発、グリーンエコ地区開発

市長、ジャン・レック (Sonia Lagarde)

ヌメアのボロンテール地区に生まれたソニア ラガルド女史。数世代のカレドニア出身の家庭に生まれた。父は公務員、母はココティエ広場でお店を経営。慎ましやかな社会環境で育った。

オーストラリアで過ごした時期があり、2ヵ国語を話す。地元のラジオ・テレビ局でアナウンサーを勤める。その後、母のようにココティエ広場でお店を経営、と同時に政治活動を始める。20年以上の政治活動の経験を経て、1995年から2012年まで評議会のメンバーとなる。ま

2004年から2011年までは南部州議会の副議長を勤める。ヌメアが好きだった女史は2011年にNoumea, c’est Capital「ヌメア・セ・キャピタル」党を作り、地方選挙に立候補する。そこで5席を獲得し、野党のリーダーとなる。

2008年Changer, c’est Capital「シャンジェ・セ・キャピタル」党で立候補し、9席を得る。その2期の間に、ソニア ラガルド女史はヌメアの都市化計画、環境、安全問題に力を入れる。

2012年に国民議会に当選し、ジャン=ルイ ボルロー率いる中道派UDIに入る。ソニア ラガルド女史はニューカレドニアで初めての女性議員になる。

ヌメアの人々の生活の質を常に念頭に置き、ソニア ラガルド女史はいくつもの質疑を政府に問い、ヌメア市民のために活動した。2014年4月5日、地方および国の政治経験を積んだ女史は政治にそれまで関係していなかった一般のヌメア市民で形成されたグループのリーダ

としてヌメア市長に選出される。

ヌメアの初の女性最高官となる。