高度なオプション

ホーム

空から見たヌメア

‪無人航空機のカメラから捕らえたヌメアの町を眺めよう!

ヌメアの陸と海、発見がいっぱい!

ビーチ、緑の空間、海、マングローブ、自然が好きな人々なら、ヌメアの町が織りなす風景の多様性に魅入り、感激するだろう。

  • 大プロジェクト:‪ヌメア周辺地区の開発、ヌメア中心街の開発、グリーンエコ地区開発

ヌメアを知ろう

1854年6月から素晴らしい敷地に築かれたヌメアの町はコロニアル様式と注目に値する遺跡が残されている。1世紀半経っても、フォーブール・ブランショ地区やヴァレ・デ・コロン地区はその様相を維持している。計り知れない生物多様性(マングローブ,乾燥林,サンゴ礁の小島)を有し、首都であるヌメアは,人口10万人、その3分の1が19才未満であり、ニューカレドニア経済の中心である。ニッケルの精錬工場があり、産業地帯も活発であり、ヌメアの港の国際収支の大幅な黒字はニッケル輸出が盛んであることを物語っている。

後は観光を更に活性化させることが課題である。ヌメアの町のフランス的な雰囲気、なおかつオセアニアの特徴を有する、この神々に祝福されているがごときのハイクオリティーな暮らしぶりをアピールし、誇りたいものである。