高度なオプション

ホーム

空から見たヌメア

‪無人航空機のカメラから捕らえたヌメアの町を眺めよう!

ヌメアの陸と海、発見がいっぱい!

ビーチ、緑の空間、海、マングローブ、自然が好きな人々なら、ヌメアの町が織りなす風景の多様性に魅入り、感激するだろう。

  • 大プロジェクト:‪ヌメア周辺地区の開発、ヌメア中心街の開発、グリーンエコ地区開発

乾燥林

という用語は、年間雨量1100mm以下の乾燥した気候で育つ森林を指し、ニューカレドニア本島の西海岸側、とくに個人の所有地に分布し、沿岸部から標高300mから400mまでの岩の多い場所に広がる。乾燥林の植物の葉の多くは固くて、分厚く光沢がある。これは乾期に水が少ないとき、不足を凌ぐためである。

乾燥林は今日、形成されにくくなって、絶滅の危機に瀕している。西海岸側の総面積は4,500㎢、そのうち乾燥林が占める面積は45㎢、1パーセントにしかならない。乾燥林というエコシステムは多様な植物群を有し、固有種の宝庫になっている。ニューカレドニアの乾燥林を保護するためのプグラムは、まず現存する乾燥林を維持し、再生させ、乾燥林の大切さを人々に教え広めることである。

ヌメアでも保護されつつある地域が増えている:ウェントロの丘(3ha)、自然公園(10ha)、デュコス半島の先端のクームールー(10ha)、ティナ(8ha)などがそうである。市の整備、持続可能な開発計画にはマングローブ湿地帯と同様に乾燥林の聖域化を盛り込んでいる。