高度なオプション

ホーム

空から見たヌメア

‪無人航空機のカメラから捕らえたヌメアの町を眺めよう!

ヌメアの陸と海、発見がいっぱい!

ビーチ、緑の空間、海、マングローブ、自然が好きな人々なら、ヌメアの町が織りなす風景の多様性に魅入り、感激するだろう。

  • 大プロジェクト:‪ヌメア周辺地区の開発、ヌメア中心街の開発、グリーンエコ地区開発

サンゴ礁リーフRécifs coralliens

ニューカレドニアは、1600kmに及ぶサンゴ礁リーフと8,000㎢に広がるサンゴ群系に囲まれ、世界一の規模を誇る。南部州政府によって保護海域が設定され、生物多様性を維持し、保護されていない海域の生物の生息を活性化して来た。保護海域が設定されてから、その周辺の魚の種類の数が2倍に増加した。保護海域はブーライからサルセル水路まで広がり、44,300ヘクタールに及ぶ保護海域が監視されている。

ヌメア付近ではラレニエール島とシニャル島が保護海域に指定されている。立ち入りは禁止されていないが、規則を守らなければならない。たとえば、

  • 潜って魚を捕ったり、釣ったり、生物、植物、鉱物、化石を収集してはいけない。
  • 生物を脅かしたり、邪魔をしてはいけない。
  • 他の動物(とくに犬)や植物を持ち込んではいけない。
  • ゴミや有毒物質を捨ててはいけない。
  • 許可された場所以外でたき火をしてはいけない。

詳細

ユネスコ世界遺産に登録

2008年7月8日からニューカレドニアの一部の海、サンゴ礁、マングローブ湿地帯はユネスコの世界自然遺産に登録された。この遺産は6つの地域に分かれ、そのうち2つは南部州に属する。続きを読む