現在地

ホーム

空から見たヌメア

‪無人航空機のカメラから捕らえたヌメアの町を眺めよう!

ヌメアの陸と海、発見がいっぱい!

ビーチ、緑の空間、海、マングローブ、自然が好きな人々なら、ヌメアの町が織りなす風景の多様性に魅入り、感激するだろう。

  • 大プロジェクト:‪ヌメア周辺地区の開発、ヌメア中心街の開発、グリーンエコ地区開発

大きく深呼吸してリラックス

ヌメアには80ヘクタールの緑の空間が整備されている。

いい気分でリラックス

4つに区切られるココチエ広場

読書、おしゃべり、チェス、音楽堂の階段席に座ってスペクタクルを見るなど4つの広場に区切られている。 立ち入り自由。

旅立ちの雰囲気を味わうジュール・フェリー波止場

港湾駅のまわりに旅立ちの雰囲気たっぷりの空間が造られた。船着き場のまわりには3つの広場。その延長上にはコユの木で造られたデッキ、パームツリー、灌木、花々が植えられた緑の空間が広がる。 立ち入り自由。

アンスバタのオセアニア公園

観光地区アンスバタの真ん中に芝生とオセアニアの樹木が植えられた美しい緑の空間があり、ビーチとショッピングセンターの買い物の合間に散歩するには最適である。ここには「旗手 や太平洋戦争の間のアメリカ軍司令部の<アメリカ国防総省>の遺跡がある。 立ち入り自由。

ペタンク場があちらこちらに

ペタンクの愛好者のために10ヶ所にペタンク場がある。サン・カンタン、リビエール・サレ、ココチエ広場、サントマリー、ヴァレ・デュ・ティル、ウェントロ、ロジェ・ラロック通り、マジェンタ、タンデュ、オルフォリナ散歩道、バレ・デュ・ガーズの海岸欄干など。 立ち入り自由。

散歩しながら学ぶ

水族館 Aquarium des Lagons

カメ、サメ、ノーチラス、光るサンゴをはじめニューカレドニアの海のエコシステムを知るのに格好の場所。
住所:61 promenade Roger-Laroque、Anse-Vata ☎26-27-31。
火曜日〜日曜日 10:00〜17:00(最終入場は16:00)
入場料:1,000フラン、子どもは500フラン(他の割引もあり)

毎日13時に魚の餌付け、 15時 クイズ合戦、 16時映画室で 映画放映。 水曜日と土曜日の午後は様々なイベント企画あり。

ミッシェル・コルナソン自然公園 Le parc zoologique et forestier Michel-Corbasson

36ヘクタール以上の広さを有する南部州の植物動物公園。さまざまな植物が生息し、中に100種以上の固有種がある。
火曜日〜日曜日 10:15〜17:15
入場料:400フラン、割引料金200フラン、11才までの子どもは無料。☎27-89-51

2時間のガイド付き見学 (要予約)グループ料金3,000フラン(20人まで)。 ニューカレドニアの住居に関する 常時展示会 が公園内入り口すぐの自然の館で行われている。
ビオ市場: 毎月第3日曜日、8:30から。

ヌーヴィル散歩道 Le sentier de Nouville

モカマナ協会が整備したテレカ要塞の麓に2つの散歩道が整備された。
1つ目 は1.5kmの道のりを歩きながら、面白く説明された看板を見て、乾燥林の動物相、植物相について学ぶ。
2つ目 は1.2kmの「伝説の小道」。1877年に建てられ、1978年に歴史建造物に指定されたテレカ要塞の麓から始まる。歴史遺産と自然遺産のみごとな融合。立ち入り自由。

ウエモのマングローブ湿地帯コース Le circuit de la mangrove de Ouémo

ウエモには木の甲板が敷かれ、マングローブ湿地帯の動物相、植物相を静かに鑑賞できる場所がある。町の中で静寂のひとときを味わえる。毎日立ち入り自由。7:00〜19:00。ウエモのマリア・アヴェ小学校の前。

チバウ文化センター Le centre culturel Tjibaou

ティナ半島の野性的な自然美の真ん中のカナックの道は秘技伝授の植物の道。カナック社会での植物の重要な役割について学ぶことができる。
火曜日〜日曜日 9 :00〜17:00。
入場料:500フラン。18才以下は無料。☎41-45-45

ピクニックわくわく

リビエール・サレ公園 Le parc de Rivière-Salée

真ん中に湖がある6ヘクタールの公園。様々な樹木の木陰でゆっくりしよう。
常時開園。立ち入り自由。

レシーヴィング公園 Le parc du Receiving

町中に緑いっぱいのリラックス空間。6ヘクタールの公園で整備されたばかり。きれいな平地でピクニックはいかが。
4月1日〜10月31日は8:00〜18:00、11月1日〜3月31日は8:00〜19:00。 立ち入り自由。

ウェントロのオアシス Le Ouen Toro

60ヘクタールの緑の公園。散歩道には標識があり、多くの固有種が見られ、珍しい乾燥林がある。心地よい散歩、また少しスポーティブなハイキングに最適。
立ち入り自由。

素晴らしい見晴し台 Panoramas

何と素晴らしい景観。FOLの丘、モンベニュスの丘、ウエモの砲台、ウェントロ公園の128m標高からの眺め。ヌメアとその終焉。湾、島々が見渡せ、背景に山脈が見える絶景。
立ち入り自由。

聖マリア像 Le sentier de Notre-Dame du Pacifique

カグートレック社が整備した南太平洋のノートルダム(マリア像)から出発して1.2kmのハイキングコースはOPT通信タワーからのヌメアの眺望が見もの。家族向けのコース。
ノートルダムマリア像の駐車場から出発。立ち入り自由。

忘れがたき夕日 Couchers de soleil

忙しかった一日を終えて頭をからっぽにしたいとき、賑やかな夜の外出の前に、魔法のような一瞬を共有するために夕日を鑑賞するのは乙なもの。ピエール・ヴェルニエの散歩道かオルフォリナ湾沿いがおすすめ。
立ち入り自由。

歩いて、自転車で、ローラースケートで、とにかく身を動かす

ピエール・ヴェルニエの散歩道 La promenade Pierre-Vernier

ウェントトロとローヴィヴ レストランの間の4kmの散歩道。海岸沿いにあって、快い散歩ができ、ジョギング愛好家にはセイリング学校のあたりからサントマリーに向かってちょっとしたトレーニングコースが用意されている。

また3kmほどの舗装した小道ができ、ローラースケーターやサイクリングをする人は安心して楽しめる。
立ち入り自由。犬も綱をつければ連れて行っていい。

ティナのサイクリングコース La piste cyclable de Tina

ティナゴルフ場とマングローブ湿地帯の間に7.5kmのサイクリングコースがつくられた。歩行者、ローラースケーター、オートバイは利用できない。
立ち入り自由。

オルフォリナ湾沿いを歩く La baie de l’Orphelinat

オルフォリナ湾沿いに整備された散歩道は300mほどあり、自転車、ローラースケート、ベビーカーも利用できる。ところどころにベンチも備え付けられ、海岸沿いにベイ・デ・シトロンやアンスバタ方面へ行ける。
立ち入り自由。