高度なオプション

ホーム

空から見たヌメア

‪無人航空機のカメラから捕らえたヌメアの町を眺めよう!

ヌメアの陸と海、発見がいっぱい!

ビーチ、緑の空間、海、マングローブ、自然が好きな人々なら、ヌメアの町が織りなす風景の多様性に魅入り、感激するだろう。

  • 大プロジェクト:‪ヌメア周辺地区の開発、ヌメア中心街の開発、グリーンエコ地区開発

歴史と歴史遺産Image ancienne - vue de Nouméa

ポール・ド・フランス(Port-de-France)という名から1866年にヌメア(Nouméa)と命名されたが、当時は丘と沼だらけの小さな港湾であった。町の中心街、ヴァレ・デュ・ティル、リビエール・サレ、ヌー島などの地区は埋め立て地であり、コノー、モンターニュ・クーペなどは平坦化された丘であった。それらが160年経って、美しい町を形成し、リズム感を与えている。

町が築かれて、1世紀半、天国に近いこの町は美しい建築物を残している。たとえば、メゾン・セリエールやシャトー・ハゲンだ。こうした優雅な建築物は町の魅力を引き立て、ヌメアの首都としての名声を確固たるものにしている。

ヌメアの歴史についての詳細は

詳細

ヌメアの紋章

ヌメア市は紋章があり、その歴史と歴史遺産を象徴するエレメントで独特にデザインされている。その特徴を保ちつつ、なんどかデザインが改良された。現在の紋章は1991年に紋章学専門のマルセル・ペトロン氏(Marcel Pétron)によってつくられたもので、青い背景に船舶、カグー、2匹のタツノオトシゴが描かれ、ヌメアと書き入れられた紋章は1882年にウジェーヌ・ビズール氏(Eugène Bizeul)がサインしたものである。

<青色を背景に金色の船舶、銀の帆、盾の左側には金色の太陽、紋章の丈夫にはカグーを配置、羽を広げ、くちばしは銀色、盾形紋の縁飾りには黒字でヌメアと書かれた題銘付きの図案を記し、裏は赤色。>

船舶はすらりとした縦帆の形でヌメアの初期の歴史と港町としての役割を象徴している。はじめ紋章には王冠が描かれていたが、それは国鳥であるカグーに取って代わった。2匹のタツノオトシゴも配置し直し,盾を中央に置き、海と空の青はヌメアの太平洋の位置づけを表している。