現在地

ホーム

空から見たヌメア

‪無人航空機のカメラから捕らえたヌメアの町を眺めよう!

ヌメアの陸と海、発見がいっぱい!

ビーチ、緑の空間、海、マングローブ、自然が好きな人々なら、ヌメアの町が織りなす風景の多様性に魅入り、感激するだろう。

  • 大プロジェクト:‪ヌメア周辺地区の開発、ヌメア中心街の開発、グリーンエコ地区開発

見どころ

一見の価値があるヌメアの観光名所の一覧表。

  • ココチエ広場 Place des Cocotiers: 町の散歩コースの出発点。広場、小公園が集まっている。音楽堂とセレストの泉が有名。この噴水がヌメアの0km地点でここからkmが測られる。
  • モーゼルの市場 Marché de la Moselle: 魚や果物、色彩豊かな市場。雰囲気を味わうだけでも楽しい。
  • サン・ジョゼフ大聖堂 Cathédrale Saint-Joseph: 教会前の小広場から町の一望が見渡せる。大聖堂の二つの塔は25mの高さがある。Cathédrale de Nouméa
  • プロテスタント教会 Vieux temple: ヴォーバン通りにプロテスタント教会がある。音響がよく、数々のコンサートが催される。
  • メゾン・セリエール Maison Célières: 町のコロニアル様式の豊かな遺産。フォーブール・ブランショ地区にあり、今日、本の家になっている。
  • シャトー・ハゲン Château Hagen: 1889年から 1892年までに建てられたヴァレ・デ・コロンにある美しい館。公園の中にある。
  • ベイ・デ・シトロン Baie des Citrons: 人々がよく泳いでいる海岸。夜は若い人たちが集まって、遊ぶスポット。
  • オルフォリナ湾 Baie de l’Orphelinat: 朝、モンベニュスの丘から見る景色、織りなす光が美しい。夕方は錨を下ろすヨットを眺めながら、夕日を鑑賞。
  • アンスバタ Anse Vata:長いビーチ、美しい散歩道、ピクニックのできる場所。貿易風に吹かれて邁進するウィンドサーフィンがすてき。
  • ウェントロ公園 Parc du Ouen Toro:散歩好きのお気に入りの場所。ジョギングやパラグライダーも愛好者もここに集まる。保護地域に指定されていて、乾燥林や白檀もある。
  • ピエール・ヴェルニエの散歩道 Promenade Pierre-Vernier:4km続く海岸沿いの散歩道。よく整備されているから安全でスポーツコースもある。
  • 自然公園 Parc zoologique et forestier:: 600種類の動物と125種類の植物(うち35種類は固有種)がある。
  • チバウ文化センター Centre Culturel Tjibaou: 1998年にティナ半島にメラネシアン文化を広めるため、建てられた。展覧会、イベント、コンサートが行われる。
  • カナール島 Ile aux canards:アンスバタ海岸からタクシーボートで3分。海中散歩道、植物、アート鑑賞も出来る。