高度なオプション

ホーム

空から見たヌメア

‪無人航空機のカメラから捕らえたヌメアの町を眺めよう!

ヌメアの陸と海、発見がいっぱい!

ビーチ、緑の空間、海、マングローブ、自然が好きな人々なら、ヌメアの町が織りなす風景の多様性に魅入り、感激するだろう。

  • 大プロジェクト:‪ヌメア周辺地区の開発、ヌメア中心街の開発、グリーンエコ地区開発

ヌメアの経済

ヌメアの歴史はニューカレドニアのニッケル鉱山活動と密接に結びつ歴史である。ドニアンボにあるSLN会社の工場が1910年にヌメアに建てられ、当時、高溶炉会社と呼ばれ、そこで働く人々が住むヴァレ・デュ・ティル地区がヌメアに加わる。

ヌメアは産業と家内工業でデュコス半島に華々しい経済発展を広げた。商業、ビジネス街の様々なサービス、観光とりわけ海運観光は港が整備されて心地よいエリアが作られ、客船の往来も盛んになり大いなる発展を遂げた。建設土木業が繁栄していることからもそれがわかる。

詳細

ニューカレドニアは裕福な国世界のベスト20に入る。

ニューカレドニアの経済的繁栄は1人あたりの国内総生産に照らし合わすと、南太平洋諸国間、フランスの海外県、また世界的に見ても上位を占める。2008年内総生産は1人あたり300万パシフィックフランで、世界でベスト20に入り、オーストラリア、ニュージーランドを上回る。