高度なオプション

ホーム

空から見たヌメア

‪無人航空機のカメラから捕らえたヌメアの町を眺めよう!

ヌメアの陸と海、発見がいっぱい!

ビーチ、緑の空間、海、マングローブ、自然が好きな人々なら、ヌメアの町が織りなす風景の多様性に魅入り、感激するだろう。

  • 大プロジェクト:‪ヌメア周辺地区の開発、ヌメア中心街の開発、グリーンエコ地区開発

自然とレジャー空間Vue aérienne de l'îlot Goéland

景観と生物多様性

ヌメアには75ヘクタールの自然保護空間があり、市民のために整備された緑の空間は80ヘクタール、2万本の樹木が市民空間などに植えられ、広場の数は30以上、各地区にある子どもの遊び場は25ヵ所ある。ビーチが連なり、心地よい散歩が出来るし、いろいろなビーチでマリンスポーツ、遊泳ができる。7つの丘があるので、その眺望も素晴らしく、はっとするように美しい夕日が海に沈むのを眺めることができる。

ヌメアの町はマングローブの生える沿岸が拡張して行ったものである。都市化、また外来種の侵入にもかかわらず、マングローブは生息し続けている。ティナ、ウエモ、リビエール・サレ、サントマリー、デュコスなどの地区にあわせると230ヘクタールのマングローブ湿地帯が残る。また乾燥林が散在しており、独特で脆いエコシステムを維持させようとする市の努力がうかがえる。

神々に祝福されていると思わざるを得ないヌメアの環境は素晴らしく、周辺の自然保護地域となっている島々は町から離れているとは言え、ボートで行ける距離にあり、華麗なサンゴのバリアリーフは格好のダイビングスポットとなっていて、その美しさは形容しがたい。

ヌメアの生物多様性はみごとで、この自然遺産を維持するのはヌメア市の責任である。清掃、植林などももちろん、一般の人々にこの計り知れない貴重な遺産の価値に関心を持ってもらうための活動もする。こうして次世代に遺産が受け継がれて行く。